NII-BLOG

音楽、PC、映画など、美容師が役立つ知識とマニアックな知識をあれこれ書いていくブログです。

初期MGMT帰ってきた!と2000年代のロック事情。

 

MGMTの新しいアルバム、クソかっこいい。

 

昨今の音楽シーンでは、ロックバンドなんてものは、てんで見なくなりました。イマジンドラゴンズやコールドプレイやらは、ウェイウェイDJとコラボして曲出したり、マルーン5なんかはもはや別バンドな方向性にいってたりします。ダメなわけではないですが、時代ですね。

 昔ながらのバンドスタイルでカッコイイ!なんて人たちはほんと少なくなりました。

 

かろうじてU2やオアシス兄弟なんかはそのスタイルを貫いてますが

 

 

正直、今の音楽シーンではちょっと浮いてますよね

 ダメなわけではないですが、時代ですね。

 

 

 

さてMGMTですが、 アメリカブルックリン出身のオシャレ2人組です。*1 

 

民族服装のような2人がうつったジャケット。

f:id:nii-tsuyo:20180223232558j:plain

2007年のデビューアルバムです。

 

 

 

2000年代といえば、ロック完全復活!な時期でして、メタル、爆音シューゲイザー、オルタナなんかのなんかごちゃごちゃしてやかましいロックのジャンル乱雑状態だった90年代後半に、ロックの原点回帰的なシンプルなバンドサウンドをやったのが

 

f:id:nii-tsuyo:20180223232924j:plain

ストロークス

 

 

あかん先を越された!!

と思いイギリス音楽業界が対抗してデビューさせた(と噂)のが

f:id:nii-tsuyo:20180223233047j:plain

 リバティーンズ

 

 

そしてその後は次々と新しいバンドが生まれては消え、生まれては消え、、、

*2

 

 

その中でUSロックシーンもホワイトストライプスやマイケミカルロマンスやなんかがめっちゃ売れてた。

f:id:nii-tsuyo:20180223234855j:plain

マイケミカルロマンス

 

f:id:nii-tsuyo:20180223235103j:plain

ホワイトストライプス

 

あとUKでは

 

f:id:nii-tsuyo:20180223235443j:plain

バンドサウンドではないのになぜかオアシス一派な

カサビアン

 

 

f:id:nii-tsuyo:20180223235551j:plain

元祖ウェイウェイ系ダンスロック

フランツフェルディナンド

 

 

この辺もかなり人気でした。

 

 

 

で2000年も中頃になると、いよいよ本命です

 

f:id:nii-tsuyo:20180224000100j:plain

アークティックモンキーズ

 

カサビアンやらフランツよりもバンド感強めで、

ビートルズから続く王道UKロックバンドの系譜を継ぐ、真打ち登場。

 

アルバム売れすぎて、確かオアシスの持つ売上記録を塗り替えました。

まだメンバーが19、20歳なのにサマーソニックの大トリまで飾るという、、、。

 

ちなみにこの年のサマソニ見に行ってましたが、トリ前のカサビアンの方が盛り上がってました、、笑

 

 

f:id:nii-tsuyo:20180224001258j:plain

 

なぜかというと、今でこそシュッとしてますが

 

 

f:id:nii-tsuyo:20180224001415j:plain

 

当時はマジでイモすぎてひどかった。

この画像、

↑右から2番目のアレックス(Vo)はマシに写ってますが

もっと童貞感全開でした。(左二人みたいに)

 

 

 

 

 

 

とにかく当時はまだストリーミングだのクラウドだのが普及していなくて

ロッキングオンを買い、タワレコに行っては視聴してCDを買いあさっていた時代。

 

 

そこに流れてきたサイケでポップな曲が

 

 

f:id:nii-tsuyo:20180223232558j:plain

MGMTのKids

 

これも当時めちゃくちゃ流行りました(多分)

 

アート感丸出しなジャケット、PV。

浮遊感のある音楽と音使いですが、歌はポップで聴きやすい。

当時UKロック以外聞くかい!と偏っていた僕にはとても新鮮でした。

 

アルバム収録の「Pieces of What」は神曲です。

 

 

 

 

その後出た2枚目のアルバム。

f:id:nii-tsuyo:20180224003151j:plain

1作目のふわ〜っとしたサイケ感はそのままにエレクトロサウンドが強くなっています。

前作の民族的な部分?は無くなりました。

 

 

 

 

で、あいだに3枚目のアルバムをはさみ、

 

f:id:nii-tsuyo:20180224003723j:plain

最新作!

 

もうオシャレ。ジャケ買い確実。

 

 

ほんとに初期のポップ感が復活して、MGMTを知らない人でも聴きやすいと思う。

アゲアゲウェイウェイ系の音楽に飽きてきた方、オススメです。

 

特に収録曲の「Me and Michael」は是非!

 

少し泣きの入ったイントロから始まり、クソポップなサビ、

アウトロまで完璧です、、、。

 

 

 

 

 

 フジロックで聞いたら泣くわ、、、

*3

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!!

 

*1:現在5人体制

*2:特に2004年〜2008年ぐらいは、リバティーンズ風悪UKバンドが死ぬほどデビューしてた、、、

*3:MGMTフジロック2018出演

Copyright © 2018 nii-BLOG All Rights Reserved.