NII-BLOG

音楽、PC、映画など、美容師が役立つ知識とマニアックな知識をあれこれ書いていくブログです。

『音楽ストリーミング』SpotifyとApple musicを登録して比べてみた。

f:id:nii-tsuyo:20180504203717p:plainf:id:nii-tsuyo:20180504203815j:plain

 

 

先日こんなニュースが目にとまりました。

www.nikkei.com

 

要するにCDの売上をストリーミング市場が上回ったとのことで、CDが売れない時代は数字的にもいよいよ本格化してきたようです。

自分も数年前から「AppleMusic」に登録し使用しています。月々980円で聴き放題のこのサービスは、CDを一枚一枚パソコンに取り込んでいた当時、衝撃でした。

 

そんなストリーミングサービスで世界的にもシェアを占めているのが「Spotify」です。

こちらも月々980円で利用でき、「AppleMusic」と並んでおります。

 

 

今回はSpotifyにも会員登録して、2つのサービスを比べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

AppleMusicとSpotifyの比較

 

 

 

 

 

アプリ画面の比較

 

 

白を基調としたAppleMusic

f:id:nii-tsuyo:20180504212302j:plain

 

AppleMusicの画面は白基調で全体的にスッキリめ。

ちなみに下のライブラリや検索などのタブは両者ほぼ同じ。

 

黒を基調にしたSpotify

f:id:nii-tsuyo:20180504212853j:plain

 

こちらは黒を基調としていて露骨に対抗しているのでしょうか笑

少し大人っぽいデザイン。

 

 

再生画面の比較

 

f:id:nii-tsuyo:20180504213224p:plain   f:id:nii-tsuyo:20180504213340p:plain

 

こちらもほぼ同じです。というより実際に比べてみると似すぎで特に感想もありませんが、、、。ヴァクシーンズ良いですよね。

 

 

PC版の比較

AppleMusic(iTunes)

f:id:nii-tsuyo:20180504214156p:plain

画面上左から、再生ボタン、音量ボタン、AirPlayボタン、シャッフル、曲の情報、リピート、次の曲情報・歌詞、検索窓。

そしてその下にiphoneと同じタブが並びます。

やはり歴史がある分(というより見慣れてるから)とても見やすく、パソコン画面に最適化して作られている印象です。

 

 

 Spotify

f:id:nii-tsuyo:20180504214818p:plain

こちらは画面下に曲情報、再生ボタンがあります。そして左端にライブラリがつねに表示されています。ただ、右端にはなぜか友達を探すというもの。どうやらFACEBOOKと連携して表示されるようです。もともとプレイリスト主体のサービスというのが現れています。

 

 

AppleMusicとSpotifyの特徴

 

AppleMusic

スマホ、PCともに画面操作がしやすいです。またAirplayでAppleTVや外部のスピーカーともボタン一つで接続できるのが特徴。3ヶ月間の無料試用期間があるので一度実際につかうのもありです。CD棚をそのままデータ化したようなライブラリ画面はとても使いやすく、アルバム単位で楽しみたい方やよく聞くアーティストがある程度決まっている方などはオススメです。正直iPhone、Mac使いの方なら特に不満はありません。(細かく言えばアプリのデザインがだんだんと悪くなってきてたりしますが)

 

 

Spotify

主にプレイリストで新たな音楽に出会うことがコンセプトとしてあるらしく、プレイリストの種類がとても豊富です。なので、選んでいたアルバムやプレイリストが終わると自動的に次の音楽を再生してくれる機能もあるぐらいです。さらに音質で比較すると、AppleMusicよりも高音質です(有料会員のみ設定可能)。もちろん再生環境にもよりますが、、。さらにSpotifyは無料版もありますので、再生方法はシャッフルのみですが海外の最新ヒット曲などをつねにBGMとして流しておくのであれば十分利用できます。 

www.spotify.com

 

 

 

結論。まずはお試しを!笑

 

個人的にいろいろと比較をしてみましたが、どちらも良いです笑。実際に試用期間を利用して使ってみて選ぶのが一番だと思います。ちなみにすでにたくさんのCDを持っていてライブラリに入れている方は、Spotifyの場合インポートが大変だそうです。

またお使いのワイヤレススピーカーによってはそのまま接続できる機器もありますので、調べてどちらか対応している方も選ぶのも良いと思います。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

Copyright © 2018 nii-BLOG All Rights Reserved.