NII-BLOG

音楽、PC、映画など、美容師が役立つ知識とマニアックな知識をあれこれ書いていくブログです。

【格安SIM】iPhoneを機種変したいときは? を解説。

f:id:nii-tsuyo:20180413234158p:plain

 

格安SIMでiPhoneを利用している方も多いと思います。僕もUQモバイルを約2年近く使用しています。以前格安SIMについては少し記事にさせていただきました。↓

 

 

www.nii-blog.net

 

 

そこでも、格安SIMの弱点?としてあげていたのが、機種変したいときに困るという点(特にiPhone)

 

 

格安SIMで機種変するには、この対応しているキャリアのものを購入するか、SIMフリー端末を購入するかになってきます。

 

今回はiPhoneを使用する前提で書いていきます。

 

 

 

安心はSIMフリー版。しかし高い!

 

新品で最新のものが欲しいなら、アップルストアでの購入が一番です。というよりこれしか方法がありません。アップルストアで販売されているものはすべてSIMフリー。どの格安SIM会社でも使えるのですが、まず定価でしか買えず、割引がありません。

 

iPhone - Apple(日本)

 

 

下取りプログラムや、ローンの審査が通れば12回払いで金利0%というサービスもありますが割引としては弱いです。

そもそもiPhoneは中古市場でも高値で取引されていますので、ヤフオク、メルカリ等を駆使すれば下取りより全然高く売ることができます。

 

 

 

auでiphoneXを買うと?

 

ちなみにauでiphoneXを購入するとどうなるか?

現在一番高価なiPhoneX256GBの場合、こんな感じです。

 

f:id:nii-tsuyo:20180413222147p:plain

 

ピタットプランは1GBしかデータ容量がなく、追加するごとに料金が増えて行くシステム。フラットプラン20はデータ容量が20GBもあり、一年目は8300円。2年目からは9380円。もちろんこれに通話料も追加されます。

ピタットプランはお得やなーと思いきや、実質機種代金※2のアップグレードプログラムEX加入後25ヶ月目に機種変更した場合の一文に注目。

 

これを簡単にいうと、4年縛りシステムです。

2年間使用して機種変(もちろんさらに2年契約)すると、前使ってた機種代が半額分無料になるというしくみ。

2年後に乗り換えてしまうと結局機種代全額払わされます。

 

 

ではアップルストアで同じ買い物をして、UQモバイルで契約するとどうなるか。

 

機種代

iphoneX256GB  税込140,184円(高い、、)

2年分24ヶ月で割ると、月々5,841

通信料金

データ容量3GB 1,814円 +通話料

 

通話料なしで7,655円

 

 

 

あまり変わらないように思いますが、この場合縛りは一切ありません。また、1年後に最新機種が欲しくなった場合でもSIMフリー版iphoneXならかなり高値で売ることができます。格安SIMでiphoneを使うなら、この機種変のタイミングでのやりとりが重要になってきます。

 

 

 

キャリア版iPhoneがおすすめ!

 

ではできるだけ安くiPhoneを手に入れるにはどうするかというと、キャリア版を手に入れるのが一番です。

例えばUQモバイルだとau回線ですので、ヤフオクなどで「iphone7 32gb au」といった感じで、キャリア名をいれて検索するとヒットします。

 

SIMフリーかそうでないかで値段が1、2万円近く変わることもあります。

 

もちろん売るときに高く売れるのはSIMフリー版なのですが、たとえばiPhoneSEのサイズ感が好きでずっと使いたい、変える予定がない人などはSIMフリーにこだわる必要はりません。

 

 

 

キャリア版購入時の注意点 ①利用制限

 

これに関してとても詳しい記事を見つけましたので、一度読んでおいて損はないと思います。

ten-ch.net

 

 

簡単に言うと利用制限とは、その中古iPhoneが安全なものかどうかを判別するものです。

 

これには3パターンあります。

 

◯  機種代を全て払い終えているもの。一括購入したものも含む。

△  分割の支払いが終わっていないもの。

×    支払いが滞り利用停止されているもの。

 

中古iPhoneを購入するときは必ず利用制限「◯」のものを選びましょう。調べ方はiPhone本体裏に記載されている「IMEI番号」を確認すればわかります。

ヤフオク、メルカリなどでは説明文に記載されていることがほとんどですが、ない場合は必ず確認してください。あきらかに相場から安かったりするものは△のものがほとんどです。

 

 

 

キャリア版購入時の注意点 ②SIMフリー化は元の契約者しかできない

 

僕はiPhone7  auキャリア版をメルカリで購入しました。

ある日マイネオが大々的なキャンペーンをしており、乗り換えを検討。契約寸前までいったのですが、ここで問題発生。

どうもマイネオでは、au VoLTE対応SIMのみ対応しているとのこと。そしてこのSIMを対応させるにはSIMフリー化が必要だと言われました。

僕の購入したiPhoneは、他の方が契約し購入したものなので、SIMフリー化は初めの契約者の時点でしておかないと不可能だと言われました。

というわけで、マイネオ乗り換えは諦めたのですがこれも勉強になりました。

やはりキャリア版は安いと言うメリットはありますが、その分制限も多いのです。

 

 

 ちなみに余談ですが、格安SIMを契約する際、AMAZONで購入するとお得になります。

ここから契約を進めて行くと、通常事務手数料的なものが3000円ほどかかるのですが、それが500円で済みます

 

 

 

 

 

 

キャリア版購入時の注意点 ③キャリアを間違えないように笑

 

 

昔焦ってソフトバンク版のiPhoneを買ってしまったことがあります笑

どうすることもできません。絶対に間違えないようにしましょう。

(怪しい方法で解除できるそうですが、、、)

 

 

また、画面の傷や使用期間などもよく確認が必要です。画面のガラス交換や、バッテリー交換で結局高くつく可能性もあります。

 

 

 

 

 

まとめ 確実なのはアップルストア 安くならキャリア版を

 

 

やはり安定なのはSIMフリー版を購入することでしょう。他の会社に乗り換えることになっても影響がないですし、売りやすく高値がつきやすいです。

 

知識があればぜひキャリア版を探してみてください。新品のものでもSIMフリー版より安く購入できますので、焦らず吟味してみてください。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

Copyright © 2018 nii-BLOG All Rights Reserved.