NII-BLOG

音楽、PC、映画など、美容師が役立つ知識とマニアックな知識をあれこれ書いていくブログです。

「oasis」の隠れ名曲10選。

f:id:nii-tsuyo:20180330091403j:plain

 

 

洋楽ロックというジャンルがとても寂しい状況にある昨今。「oasis」というバンドは知っているでしょうか。曲がCMに使われたり、映画とタイアップしたり、なんならMステにも出演したことあるぐらいなので、日本には馴染み深いバンドだと思います。

 

 オアシスとは?

 

オアシスのオアシスたる所以といえば、眉毛兄弟ことノエルとリアムです。

f:id:nii-tsuyo:20180330092003j:plain

ほぼ全ての作曲と、ボーカルまでこなすお兄ちゃんノエル。

圧倒的なロックバンドボーカルオーラが出ているチンピラ弟リアム。

 

 

 

 

2009年に兄弟ゲンカで解散後、兄弟ともにソロ活動をしており、再結成をするしないを永遠にインタビューされています。(お兄ちゃん側は商業的に大成功しているのでする気は全くないそうです涙

そんなインターネット時代到来前の最後のモンスターバンド、「oasis」の、iTunesトップソングには出てこなさそうなちょっと隠れた名曲をまとめていきます。
 
 
 
 
 

Bring It On Down

 

Bring It On Down

Bring It On Down

  • オアシス
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

oasisの初期ソング。イントロから徐々にテンションが上がり、歌詞の内容もオアシスらしさあふれるパンクナンバー。有名曲などと比べると、かなり疾走感があるので新鮮に聞けると思います。ちなみにこの曲を聞いた後に同アルバムに収録のShaker Makerを聞くとテンポの幅がありすぎてこけそうになります。

 

Hello

 

Hello

Hello

  • オアシス
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

基本的にoasisのアルバムオープニング曲は、全て神曲になっています。そのなかでもこのHelloはイントロのギターからラストのノエルのコーラスまで、「かっけええー!」と思っていたらあっという間に次曲Roll With Itの神イントロが始まります。

アルバム”モーニンググローリー”は、全曲シングル化も検討されたそうですが、まその話も納得です。

 

My Big Mouth

 

My Big Mouth

My Big Mouth

  • オアシス
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

荒々しいギターとドラムが5分間もほぼ同じリズム。シンプルにやかましい曲です。しかしそれは、タイトルが表すようにoasis絶頂期(というよりリアムを)を体現したかのような歌詞とサウンドで、やっぱりカッコいいんです。ライブ版も必聴。

 

Pass Me Down the Wine

 

Pass Me Down the Wine

Pass Me Down the Wine

  • オアシス
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

「The Importance of Being Idle」のシングルのB面に収録曲。すこしカントリー調なレトロなサウンドと雰囲気がリアムの声に合っていい感じ。後期oasisに繋がる良曲です。

 

Stay Young

 

Stay Young

Stay Young

  • オアシス
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

元気出せよなんとかなるさ!感満載なサビとノエルのコーラスがとても爽やかな、ある意味oasisらしくない曲。若い女性シンガーがカバーしててもおかしくなさそうなPOPさはさすがノエル!

 

Gas Panic!

 

Gas Panic!

Gas Panic!

  • オアシス
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

アルバム自体の評価が低いせいなのか、サイケ感が強すぎるのかあまり目立ちませんが間違いなく隠れ名曲の一つです。後半にかけての盛り上がりやサビのメロディもまさにスタジアム級で、フル演奏でライブで聞くと最高やろなあ。

 

Hindu Times

アルバムとしてはさらに地味な5枚目のオープニング曲。おお!oasis復活!これこれー!なこの曲から、アルバムは失速していくのですが、、。

しれっとベスト盤にも選曲されていたりしますが、この曲はなんといってもPVが超最高。oasis史上一番カッコイイ内容になっております。

ラストサビで二人がひとつのマイクで歌う姿に大興奮!


Oasis - The Hindu Times

Let There Be Love

 

Let There Be Love

Let There Be Love

  • オアシス
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

伴奏がギターとピアノでシンプルに進んで行くoasisを代表するバラード曲。ビートルズ愛が溢れています。またリアムとノエルがボーカルを分け合う珍しい曲(たしか3曲だけ)でもあります。

 

She's Electric

 

She's Electric

She's Electric

  • オアシス
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

アルバム内の有名曲に隠れがちなこの曲ですが、めずらしいリアムの裏声が聞けたり曲全体を通してラブソング風なポップさのある良曲。(歌詞はそうでもない)

ノエルが歌うバージョンも良いです。

 

The Masterplan

 

The Masterplan

The Masterplan

  • オアシス
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

全然隠れてないですが、意外とiTunesトップソングに出てこない名曲。

重いイントロギターから徐々に盛り上がっていく構成とノエルのボーカルが渋すぎなこの曲は、なぜアルバム収録されなかったのか不思議なほど。

ー昨年公開されたドキュメンタリー映画のエンディングとしても使用されています。

 

 

 

 

 

まとめ まだまだ名曲あります

 

こんな感じでまだまだoasisには名曲が存在しています。ぜひ一度プレイリストにいれてみてはどうでしょう?

ちなみにoasisをよく知らない方は、ドキュメンタリー映画「supersonic」を見るとわかりやすいので、ぜひ。

オアシス:スーパーソニック (通常版) [Blu-ray]

 

 

 

 

 

Copyright © 2018 nii-BLOG All Rights Reserved.