NII-BLOG

音楽、PC、映画など、美容師が役立つ知識とマニアックな知識をあれこれ書いていくブログです。

【2018年】SUMMERSONIC 2018 必聴のオススメアーティスト9選

f:id:nii-tsuyo:20180717222127p:plain

 

暑い夏。夏といえば夏フェス!

日本を代表する都市型フェスのサマソニ。7月17日にタイムテーブルも発表されたので、2018年に出演する注目アーティストを紹介したいと思います。

その昔夏フェスといえばロックバンド、が当たり前でしたが、ここ数年EDMやHIPHOPの人気が急上昇しており、そういったアーティストがトリを飾ることも珍しくなくなりました。

しかし今年は90年代を代表するアーティスト、ベックノエルギャラガーの2トップがトリを飾ります!

またロックといえば、ここ数年邦楽ロックがかなり熱く若いバンドがどんどん出てきていますね。(洋楽ロックは虫の息ですが、、、)例年にないぐらい邦楽ロックバンドが多い年になりそうです。

 

 個人的にロック派なぼくが選ぶ必聴アーティストを紹介します。

 

 

 

 

 

NOEL GALLAGHER’S HIGH FLYING BIRDS


Noel Gallagher’s High Flying Birds - Holy Mountain

 

90年代を代表するイギリスのバンド元OASISのギター&ヴォーカル、ノエルのソロバンド。すでにソロとしてアルバムも3枚リリースしており、フジロックでトリを務めたこともあります。

このご時世にかわらず王道路線のロックバンドとして活動しているノエル兄貴。ソロとしての楽曲はもちろん、OASIS時代の有名曲もガンガンやってくれるので、大合唱と盛り上がること間違いなし。

 

OASISを知らない若い世代でも、去年に起きたマンチェスターでのテロ事件で、この曲を聞いた人も多いはず。支援ライブではコールドプレイが歌っていました。

 


Oasis - Don't Look Back In Anger (Official Video)

 

今回のサマソニを気にOASISファンがさらに増えることを祈ります。

 

 

 

 

 

BECK


Beck - Colors (Slime Visualizer)

 

こちらも90年代から活動しているソロアーティストBECK。アルバム毎に様々なジャンルの音楽を取り入れ、時代と共に進化し続けるアーティストです。

昨年発売されたアルバム「colors」は、昨今トレンドのダンスサウンドと90s風ポップメロディを融合させ、懐かしいのか新しいのかわからないBECKワールド全開な作品で、まさに夏フェス向け!

 

 

 

 

I'm So Free

I'm So Free

  • ベック
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

Dreams

Dreams

  • ベック
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
No Distraction

No Distraction

  • ベック
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

Seventh Heaven

Seventh Heaven

  • ベック
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

 

QUEENS OF THE STONE AGE

 

 


Queens Of The Stone Age - The Way You Used To Do

 

なかなか日本に来日してくれないバンド、クイーンオブザストーンエイジ。昨年フジロックに14年ぶりに来日してくれたのに、2年続けての来日で今年はサマソニに!

しかし東京のみの出演だそうです、、、。

独特なメロディセンスを持つジョシュ・オムはフーファイターズのデイヴグロールと仲良し。アメリカのオルタナ界をひっぱる2大バンドです。

夏の野外で盛り上がらないはずがありません!

 

 

 

NICKELBACK


Nickelback - How You Remind Me Live Home 2006 Live Video HD

 

彼らのようなバンドがいてくれることで夏フェスが成り立つんです。夏フェス=ロックという安心感をもたらしてくれる、安定のロックサウンドとヴォーカル。

個人的にアルバムやシングルを買ったことはないですが、必ず名前は聞いたことがあるニッケルバック。王道すぎてHIPHOPやPOPアーティスト、様々なジャンルが出演するここ数年のラインナップから逆に目立っていますね。

 

 

 

 

THE BLOODY BEETROOTS

 


THE BLOODY BEETROOTS - My Name Is Thunder (Electronic Version)

 

正直今年のサマソニ出演アーティストを調べるまで知りませんでした。

90年代のプロディジーや、2000年代に流行ったのに最近なぜか少なくなってきたダンス×ロック的サウンドのTHE BLOODY BEETROOTS。このアーティストの熱量半端ないです。サマソニで野外で聞いたらかなり上がると思われます。

 

 

 

 

GRETA VAN FLEET


Greta Van Fleet - Highway Tune

 

もろレッドツェッペリンをリスペクトなサウンドとボーカル。70年代リスペクトバンドのGRETA VAN FLEET。格好はジョニーロットンのようですが。

ここまでシンプルにバンドサウンドだけのバンドも少なくなりました。しかしいい声ですね。

 

ちなみに過去の70年代リスペクトバンドのWOLFMOTHERもおすすめです。


New Moon Rising - Wolfmother

 

 

 

 

 

TAME IMPALA


Tame Impala The Less I Know The Better (no intro) Optional Subs

 

 

今サイケデリックバンドの注目株テームインパラ。同じくサイケなバンドMGMTはフジロックの出演ですので、是非サマソニではこのバンドがおすすめです。

浮遊感のあるサウンドと演奏で完全に脳内トリップしてしまいそうです。しかし唯一室内のソニックステージでの出演。日が沈んでからの屋外でのテームインパラ聞いてみたかったです、、。

 

 

 

 

 

 

PORTUGAL.THE MAN


Portugal. The Man - "Feel It Still" (Official Video)

 

AppleのCMソングに採用されたりと圧倒的なメロディセンス。世界各地のフェスにも出演しており、安定のライブを見せてくれそうです。YOUTUBEでもOASISのカバーやスタジオセッション動画が上がっていますので是非。なかなか見る機会のないバンドをみれるのもサマソニのいい所。

 

 

 

いい声〜


Portugal. The Man - Don't Look Back In Anger (Live Stripped Down Session)

 

 

 

 

PARAMORE


Paramore: Ain't It Fun [OFFICIAL VIDEO]

 

 

女性ボーカルバンドとしては安定のパラモア。昔と比べて音楽性がダンス寄りになった気もしますが、今思えばデビューしたのは10年ほど前。

 


Paramore: For A Pessimist, I'm Pretty Optimistic (Audio)

もちろん昔のエモ系曲靄ってくれると思うので元気一杯ヴォーカルで盛り上がるのは間違いなし。そういえばいつかのサマソニでセーラー服姿で出演していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく邦楽勢が熱い!

 

ここまでオススメの9アーティストを紹介しましたが、とにかく邦楽勢が熱いです。

 

 

THE ORAL CIGARETTES、KEYTALK、キュウソネコカミ

この辺は今若手注目株ですし、

 

ウルフルズ、MONKEY MAJIK、9mm Parabellum Bullet、YOUR SONG IS GOOD、凛として時雨、

この辺りも間違いない実力派です。

とりあえず邦楽バンドが多すぎてここはロッキンオンジャパンフェスか?と思うぐらいです!

 

 


あいみょん - 君はロックを聴かない 【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

 

サマソニまで後少し。存分に予習して楽しみましょう!

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Copyright © 2018 nii-BLOG All Rights Reserved.