NII-BLOG

音楽、PC、映画など、美容師が役立つ知識とマニアックな知識をあれこれ書いていくブログです。

Apple Watch 購入ガイド2019

f:id:nii-tsuyo:20181215230341p:plain

 

Apple Watchが発売されてから約3年が経過し、2018年の今年には最新型のseries4が発売されました。

 

 

スマートウォッチというジャンル自体、当初はかなりニッチなものでしたが、さまざまなメーカーから発売され(大手時計メーカーなども)今ではそれほど珍しくなくなったと思います。

 

そのスマートウォッチの先駆けとなったApple Watchですが、いざ購入しようとしてAppleホームページで調べてみるとかなり複雑なんです。というより表示の仕方がどれを購入していいのかわかりにくい

 

 

そんなApple Watchを初めて購入しようと考えている方にApple Watchの選び方を解説していきます!

 

 

Apple Watchの種類

 

現在販売されているのは、

 

  • Apple Watch series3
  • Apple Watch series3 NIKEモデル
  • Apple Watch series4
  • Apple Watch series4 NIKEモデル

  • Apple Watch series4 HERMESモデル

 

大きく分けて5種類。となります。

 

そしてこの中でもGPSモデルGPS+cellularモデルと2種類に分かれます。

さらにボディーがアルミニウムのものと、ステンレスのもので分かれます。

そこからバンドの種類でもさらに分かれて、、、、

 

とにかくわかりにくいApple Watch。

 

簡単にiPhoneで例えるなら、series4がiPhoneXSseries3がiPhone8になります。

 

ちなみにGPSモデル、GPS+cellularモデルについてですが、セルラーモデルはApple Watch単体で電話ができたり、Appleミュージックで音楽が聞けたりします。

しかしその分電池の消費が激しく、また月額500円ほどでの契約となります(大手キャリアのみ)。

よほどのガジェット好きでなければ必要ないと思いますので、その辺の説明は省きます。

ではまずはseries3とseries4の違いをまとめていきます。

 

 

 

旧モデルのseries3 まだまだ使えてお買い得

f:id:nii-tsuyo:20181215233049p:plain

 

series3は一つ前のモデルですが、性能的にはまだまだ現役で使えます。

主な最新モデルとの違いは、細かい性能面ではいろいろあるのですが、1番の違いは画面のサイズくらいです

 

Apple Watchでなにができるのかと考えると、実はまだガシガシ使える実用的な機能はほぼありません。特にiPhoneを持ち歩いている人ならなおさらです。

 

まともに使えるのはメールやアプリなどの通知機能とSuicaで改札を通ったりwalletアプリで決済をする機能。デザインを気にしないのならseries3でも全く問題なく利用できます。

 

さらにseries4が発売されたので、値下げされて最安のGPSモデルなら31800円(税別)で購入できます。

 

 

最新モデルのseries4!画面が大きく新色も

 

f:id:nii-tsuyo:20181215235059p:plain

 

series4は処理スピードや性能面でもパワーアップし、画面も3割ほど大型化。転倒検知機能や心拍数を計測してくれる機能なども搭載された最新モデルです。

 

カラーバリエーションのゴールドはseries4のみの展開です。

さらに現在ステンレスモデルもseries4のみにしかないので、ボディにこだわるならseries4一択となります。


 最安のGPSモデルは45800円(税別)になります。

 

NIKEモデルはスポーツ用 NIKEマニアにも

f:id:nii-tsuyo:20181219160133p:plain

 

NIKEモデルとありますが、Apple Watch自体の性能は全く変わりません

NIKEモデル限定の文字盤があるので、スポーツウエアやスニーカー。全てNIKEで揃えたいNIKE好きならアリなモデルです。

スポーツに適した標準バンドにもNIKEも文字が入ります。

 

series4版の最安のGPSモデルは45800円(税別)になります。

高性能でなくても良い人はseries3モデルならGPSモデルで31800円(税別)で購入可能です。ただしseries3はカラーバリエーションがブラックのみとなるそうです。

 

 

 

 

HERMESモデルはファッションアイテムに!

f:id:nii-tsuyo:20181219161319p:plain

高級ブランドHERMESモデルも、性能は全く同じです。

こちらも限定の文字盤があるのと、HERMESオレンジの限定標準バンドが付属しています。

また梱包されている箱やケースも完全にHERMES仕様のようで、HERMESファンも大満足な仕様になっています。

f:id:nii-tsuyo:20181219161710p:plain


しかしさすが高級ブランドHERMES製品。一番シンプルなバンドもモデルでも134800円(税別)となり、Apple Watchシリーズでは高額です。

 

ですが、本家HERMESで時計を買おうとすると20万〜100万円以上しますので、ある意味お買い得なモデルになっています。

 

 

 

ボディはアルミニウムorステンレス

 

Apple Watchのボディにはアルミニウムのものとステンレスものがあります。 

 

 

アルミニウムの特徴としてはボディが軽くなるので、ランニングやジムでの体を動かす時に使用するのに適しています。また素材の仕様として価格が安くなります。

iPhone7、8を使っている方は質感をイメージしやすいと思います。

NIKEモデルはアルミニウムボディのみとなっています。

 

 

ステンレスは鏡のような艶感が特徴で、実物を見るのが一番わかりやすいですが、アルミニウムに比べて高級感があります。その分少しボディが重くなるのと、価格がアルミニウムに比べて2万円ほど高くなっています。

HERMESモデルはステンレスボディのみとなっています。

 

 

 

 

バンドは種類豊富

f:id:nii-tsuyo:20181219171146p:plain

 

 

最後にバンドですが、素材や色によってかなり種類があるので選ぶのがとてもややこしくなっています。

もちろん初めからセットになっているものを購入するのもいいですが、純正品はなかなか値がはるので、Amazonなどで売られている非純正のものもオススメです。

 

 

 

 

ミラネーゼループというモデルも、純正品は2万円近くするのですが、Amazonなら10分の1の値段で購入可能です。
クオリティはというと、ほとんど見分けのつかないレベルです。
 
また、ロゴがありませんがNIKE風やHERMES風な商品も格安で購入できるので、いろいろとバンドを変えて楽しみたい方はぜひ一度検索してみてください。
 
 
また最近話題のケースブランドCasetifyでは、オリジナルのバンドも製作可能なので自作してみるのも面白いかも! 
 
 
 

まとめ まずは予算や用途を考えてみよう!

 

とにかく種類が多くて、予備知識無しにAppleストアに行くと訳が分からなくなるApple Watch。

ランニングやジムにも使うのか、ファッションアイテムとして使うのか、ガジェットとしてバリバリ使いこなすか、人それぞれ用途は違うと思うので、まずはそこを考えてみましょう!

 

今回の記事でなんとなく欲しいモデルに目星をつけてストアや家電量販店に言ってみてください!

 

 

 

 

 

Copyright © 2018 nii-BLOG All Rights Reserved.