NIIブログ

iPhone、Mac、音楽、映画、PC関連、ファッションなど、ライフハックな役に立つ知識とニッチな情報についてあれこれ書いていくブログ。

【絶対後悔しない】Apple Watch購入ガイド!2020

f:id:nii-tsuyo:20181215230341p:plain

 

Apple Watchが発売されてからおよそ5年。

スマートウォッチとしてのシェアはダントツ1位のApple Watch。

 

しかしたくさんのシリーズやモデルが出ていることから、初めて購入する人はどれを買っていいのかわかりにくい部分もあります。

例えば

・GPSモデルとGPS+セルラーモデルの違いとは?

・シリーズ3とシリーズ5の違いとは?

・バンドはどれがいいのか?

・値段がピンキリすぎてどれを購入していいかわからない!

 

など、、Apple storeで比較はできるものの、数が多すぎてイマイチ選びにくくなっています。

 

 

今回は2020年にApple Watchを初めて購入しようと考えている方にApple Watchの選び方を解説していきます!

 

 

 

 

GPSモデルとGPS+セルラーモデルの違いとは?

f:id:nii-tsuyo:20200207131859p:plain

 

まず2020年2月現在、販売されているのは最新のシリーズ5と旧モデルのシリーズ3になります。

 

まず購入するときに選ぶのがケース(本体)のサイズ

f:id:nii-tsuyo:20200208202657p:plain

これは実際に店頭で試着してみることをオススメします。

男性であえて軽量な小さいサイズを選ぶ場合もありますし、女性でも大きいサイズを好む方もいます。

 

次に選ぶのが

GPSモデル か GPS+セルラーモデル


この選択で値段も大きく変わってきます。

 

  

まずGPS+セルラーモデル

 

こちらはiPhoneを持ち歩かずに

  • Apple Watch単体で電話をかける、うける。
  • メール(LINE)の送受信。
  • ランニングなどのワークアウトの記録(経路、地図表示も可)。
  • Apple PayやPayPayなどのキャッシュレス支払い。(Suicaも)
  • AppleMusicに登録している人は全曲そのまま聴ける。

 

など、iPhoneがなくてもほとんどの機能を使うことができます。

要するにiPhoneを手首につけているとイメージしてください。

 

 

 

一方、GPSモデル

  • ランニングなどのワークアウトの記録(経路、地図表示は不可)。
  • Apple PayやPayPayなどのキャッシュレス支払い。(Suicaも)
  • Apple Watchに登録したプレイリストの再生。

 

こちらは電話や通知の受信はできません。また位置情報なども取得できません。

要するに圏外状態のiPhoneをイメージしてください。

 

 

 しかしオススメはGPSモデル !

 

例えば

iPhoneをもたずにランニングに出かけて

登録しておいたプレイリストをイヤホンで再生し

タイムや距離を測りながらワークアウト。(このデータは保存可)

帰りにコンビニでお買い物。

緊急の場合は電車移動(Suica)やタクシー移動(Apple Pay)も可。

 

というふうに、恐らく購入を考えている方が思いつく事は

GPSモデルでほとんど出来てしまうからです。

 

さらに近くにiPhoneがあれば、GPSモデルでも電話をかけたりうけたり

通知を受けることができます。

 

 

また、GPS+セルラーモデルの注意点としては

フルに機能を使うとすると電池の消費が激しくなります。

またスマホとは別で月額500円ほどの契約が必要となります

 

そういう理由からも、おそらくApple Watch単体で利用している人はほとんどいないと思います。

 

なので初めて購入する方はお買い得なGPSモデルを選んで間違いありません。

 

 

シリーズ5とシリーズ3の違いとは? 

 

 2020年2月現在の最新機種シリーズ5についてはこちらに詳しく書いています。

www.nii-blog.net

 

 

 

シリーズ3は2つ前の旧モデルですが、初めてのApple Watchとしては十分すぎる機能を持っています。

主な最新モデルとの1番の違いは画面のサイズくらい

 

先ほど書いたように

ランニングなどのワークアウトの記録

キャッスレス決済(Suicaで電車も可)

登録したプレイリストの再生

 

などの便利な機能はシリーズ3でも問題なく使えます。

 

さらに現在では値下げされてGPSモデルなら19800円(税別)で購入できます。

数年前だと31800円(税別)だったのでかなりお買い得。 

 

デザインで選ぶならシリーズ5? 

f:id:nii-tsuyo:20190917172716p:plain

初めてのApple Watchとして機能面でいうとシリーズ3で十分ですが、

カラーバリエーションや本体の種類で言うとシリーズ5が豊富です。

 

シリーズ3は本体がアルミニウム。

カラーはシルバーかブラック。

 

シリーズ5は本体がアルミニウム、ステンレス、チタン、セラミック

カラーはシルバー、ブラック、ゴールド。

かなり差が出てきます。

 

しかしステンレスやチタンを選ぶと値段も10万円近くなってくるので

要注意です。

 

 

Apple Watchの疑問あれこれ

f:id:nii-tsuyo:20200207162907p:plain

 

バンドの種類は違うの?

本体の大きさがシリーズ4から少し大きくなりましたが、基本的にいつのシリーズのバンドでも装着可能です。

ただし本体の大きさが44mm(42mm)40mm(38mm)大小2種類ありますのでそこを間違えると使用できません。

 

エルメスモデルとは?

f:id:nii-tsuyo:20181219161710p:plain


HERMESとコラボした限定のアイテム。

ただApple Watchとしての性能でいえば他のものと全く同じです。

唯一の差はエルメスモデルでしか表示されない限定の文字盤があります。

また付属でついてくるベルトや箱もエルメス使用の特別なものになっています。

 

お買い物やSuicaは簡単にできる?

Apple Watch側からは登録や変更はできません。クレジットカードの登録、Suicaの登録などは全てiPhoneから設定するようになっています。

ちなみに文字盤のカスタマイズなどもiPhoneで設定可能です。

 

 

充電は毎日しないとダメ?

初代のApple WatchはGPSモデルで約1年半ほど1日フルで使っていました。

しかし途中で電池が切れて使えなくなったことは一度もありません。

1日使って電池残量は平均60%ぐらい残ります。

しかし充電せずにそのまま2日目も使うと、帰宅まで電池がもたないこともあります。
 
なので基本的には毎日帰ってきたら充電することをオススメします。 
 

バンドはどれがオススメ?

本体だけでも種類が多いApple Watchですが、バンドもかなりの種類やカラーが存在します。

Apple Storeで購入しようとすると、バンドを選ぶように勧められますが純正品のバンドはどれもかなり高価です。

 

まずは一番標準的なレギュラースポーツバンドを選んでおきましょう。

実はAmazonや楽天で正規品とそっくりな物が販売されています。

 

 

 
こちらのミネラーゼループ。
公式サイトで購入すると9800円(税別)します。
これでも以前よりかはかなり安くなりました。
 
デザインがシンプルが故にほとんど見分けがつきません。
作りが若干雑なような気もしますが、10分の1の値段で購入できるなら個人的には許容範囲です。
 
 

初めての方はシリーズ3のGPSモデルがオススメ! 

f:id:nii-tsuyo:20200209180048p:plain

f:id:nii-tsuyo:20200209180053p:plain

初めてApple Watchを購入する方には、シリーズ3のGPSモデルがオススメです。

 

いまなら両サイズとも税込み2万円台で購入できますし、メインの機能としては最新機種にも劣らず使うことができるからです。

 

2020年にあらたなApple Watchが発売されるとの噂ですが、個人的にはシリーズ5の時点でスマートウォッチとしてはほぼ完成されてしまった感があります。

 

なのでよほど新しい物好きでもない限り急いで買う必要はないと思います。

 

 

 

 

 

Copyright © 2018 nii-BLOG All Rights Reserved.