NII-BLOG

音楽、PC、映画など、美容師が役立つ知識とマニアックな知識をあれこれ書いていくブログです。

iPadを買うならこの秋!PC並に使える「iPad OS」とは??

f:id:nii-tsuyo:20190617092309j:plain

先日AppleのWWDC2019という開発者向けのイベントがありました。

主にMacやiPhoneなどApple製品の新機能や新しいOSの発表があったり、たまに新製品の発表があったりと、Apple好きなら要チェックのイベントです。

 今回も様々な情報が発表されたのですが、個人的にこれヤバイ!と思ったのが

iPad の超絶進化でした。

 

もしiPad の購入を踏みとどまっている方、さらにMacBookの購入を悩んでいる方もこのタイミングで検討の価値ありです!

 

 

結論から言うと、”iPad がこの秋PCの代わりになるぐらいの進化を遂げる”

 

昨年iPad Proが大幅リニューアルし、ハードウェアに関してはすでにPC並のスペックになっていました。

しかし今回の発表によりソフトウェアが大幅に改良されPCの使い方に近づいたということです。

 

では、どの辺が大きく変化するのか解説していきます。

 

 

iPad OSの誕生

 

f:id:nii-tsuyo:20190617094336p:plain

 

Apple製品は、PCのMacは「macOS」スマホのiPhoneは「iOS」というようにそれぞれ連動する部分はあるものの、別物のOSでした。

ではiPad はどうかというと「iOS」で動いていました

 

しかし昨年発売されたiPad Proでもわかるように、iPad はスペック的にもどんどんPCに近づいてきています

ですがiOSなので、iPhoneの画面を大きく引き伸ばしただけ感がありました。

 

Windowsでは「surface」というiPad とMacBookの良いとこ取り?な商品もすでにあります。ノート型PCでタッチパネル対応というのはすでにいろんなメーカーから発売されています。

 

そこで先日発表されたiPad 独自の「iPad OS」

 

PC並になるといいましたが、それらの進化した部分を全て使いこなす人、というか喜ぶ人というのは相当iPad を使い込んでいる人だと思います。

ではiPad OSで何が変わるのかを紹介します。

 

 

 

ウィジェット画面がホーム画面に表示できる

 

f:id:nii-tsuyo:20190617100822j:plain

いままでは左側にスワイプして表示していたウィジェット画面が、ホーム画面にそのまま表示できるようになりました。

iPhoneならまだしも、あのでかい画面をスワイプするのはしんどかったです、、、。

これは僕もiPhoneで色々カスタムして活用している部分なので、iPad の大画面だとより便利になりそうです。

 

 

 

safariがデスクトップ表示に

f:id:nii-tsuyo:20190617101608j:plain

 

最近のWEbサイトはPC用とスマホ用に画面のデザインが分けられて作れていることがほとんどです。「iPad OS」はPCと同じように表示されるようになりました。

さらに画面上に小さなキーボードを表示できたりApple Pencilがあるのでスクショを撮ってそこをすぐマークアップして共有、というような使い方がかなり便利になりそうです。

 

 

 

ファイルが進化+USB対応に

 

f:id:nii-tsuyo:20190617102423p:plain

 

少し前から新たに加わった標準アプリ「ファイル」が大幅に進化。

画像のように、iPad のデータがMacのFinderのように階層で表示されるようになりました。

これがタッチパネルで操作できるとなると超便利そうです!

 

 

f:id:nii-tsuyo:20190617102719j:plain

さらにUSB-CのUSBメモリ、SDカードに対応!!これによりストレージが固定だったiPad が実質容量を気にすることがなくなります。

一眼レフで写真撮影などする方はSDカードで直接データを取り込めますし、サイズの大きいデータでiPad が一杯になることもなくなります。

 

 

iPad Proでは1TBという大容量モデル(20万円近い!)もありますが、ほぼ無意味になるのでこれから購入する方は要注意です笑


 
 

マルチタスクが強化

 

f:id:nii-tsuyo:20190617103844j:plain

 

ipadOS により、同じアプリを2画面別々のものを表示することが可能になりました。

 

いままではiPhoneのようにアプリごとの切り替わりだったのですが、画像のように別々の「メモ」を表示させて作業したり、別々のメール画面を表示させて編集したり、よりPCに近い作業が可能になりそうです。

 

 

 

iPad をサブディスプレイ化が可能に

f:id:nii-tsuyo:20190617104143j:plain

ありそうでなかったiPad のサブディスプレイ化がついに公式で対応しました。

 

いままでサードパーティ製のアプリやレシーバーを使ってのサブディスプレイ化は可能でした。

しかし公式で対応したことにより高いサードパーティのものを購入する必要は無くなりました

Apple Pencilにも対応しており夢が広がります。

ただすでにサブディスプレイの環境が揃っている人、サードパーティで揃えてしまった人からするとには今更感があります、、、。

 

www.nii-blog.net

 

 

 

まとめ iPad 需要が高まる秋

 

細かくいえば新しく追加される機能や進化した部分はまだまだあるのですが、特に気になった部分だけ紹介しました。

iPad OSは今年の秋から使用可能です。

個人的にMacBookよりもApple Pencilが利用できる点と、iPhone的な要素とPC的な要素のいいとこ取りなipadOS を導入したiPad Proは、かなり魅力的です。

 

もちろんそこまで機能を必要としない方は無印iPad やiPad airがあるのでうまく住み分けも出来ていますね。

 

 

そういえばiPad 版photoshopが今年発売予定なので、楽しみです。

japanese.engadget.com

 

これにIllustratorのフル機能版も出たりすれば、マジでiPad が最強になるかも、、。

 

 

とにかくiPad Proを去年買いそびれた方は今が買い時です!!

 

 

Copyright © 2018 nii-BLOG All Rights Reserved.