NII-BLOG

音楽、PC、映画など、美容師が役立つ知識とマニアックな知識をあれこれ書いていくブログです。

macbook proをデスクトップPC化する「クラムシェルモード」

f:id:nii-tsuyo:20180404221733j:plain

メインパソコンをmacbookとして使っている方も多いと思いますが、やはり画面の大きさでいうとimacや他のディスプレイにはかないません

もちろんimacをメインにして、サブにmacbook、暇つぶしにipadなんて使い方もできるんですが、これは予算があればの話。

 

そんなmacbookをメイン機にしてる方にオススメなのが、

「クラムシェルモード」です。

 

support.apple.com

 

 

apple公式でも説明のあるこのモードは、要はmacbookをデスクトップPC化するというものです。

僕自身はmacbook13inchを使用していますが、やはりイラストレーターや長時間の作業の時には小さい画面は疲れます。この機能を使えば、自身のmacbookを母体として、好みの大画面ディスプレイやキーボードを使用することができるんです。

 

やり方は実はとても簡単なので、今回は僕自身の設置環境と合わせて説明していきたいと思います。

 

 

 

クラムシェルモードに必要な条件 

 

apple公式にはこう書かれています。

Mac ノートブックをクラムシェルモードで使うには、以下の準備が必要です。AC 電源アダプタ外付けのキーボードとマウスまたはトラックパッド (USB 接続またはワイヤレス)USB-C - USB アダプタ (USB 接続のマウスやキーボードを MacBook (2015 以降) や MacBook Pro (2016 以降) で使う場合)外付けのディスプレイまたはプロジェクタ

  

 

簡単にいうと

 

  • 電源につないだ状態でないとダメ
  • macbookを閉じるので、キーボードとマウスが必要です
  • ディスプレイを買ってください

 

となります。

 

 なのですでにお持ちの方は大丈夫ですが、外部接続のディスプレイとキーボード、マウスを購入しましょう。

ちなみに僕が購入したものを紹介します。

接続に必要なものを揃える!  ①

 

 

  値段もお買い得で、apple公式からもディスプレイを提供しているLG製です。

 

 

 

こちらの4Kモデルもコスパが高くオススメですが、僕自身には必要ないと思い2Kモデルにしました。 

 

 

キーボードとマウスに関しては、とりあえずキーボードはapple の純正キーボード、マウスはマイクロソフトの物を選びました。

どちらもBluetooth接続が可能なので机の上がスッキリしますし、レシーバーが不要なのでおすすめです。

見栄えでいうと純正マウスの方がいいですけど。

 

 

 

 

接続に必要なものを揃える!②  

 

では、macbookと揃えた物を接続していくのですが、2016年以降ぐらいのmacbookはUSB-C端子しかありません。

 

キーボード、マウスに関してbluetooth対応であれば大丈夫ですが、もしお気にいりの物がUSBのレシーバーを使うものであったり、有線だったりすると大変です。

 となると、ポートを拡張するものが必要です。

 

 

クラムシェルモードをしなくても、拡張ポートはmacbook使いには必須アイテムだと思います。

なにせUSB-Cがまだまだ普及していないですし、僕の使う13インチmacbookタッチバー無しに関しては2ポートのみ一つを電源に使うと、その他は1ポートのみしか使えません。

 

つまりディスプレイに1ポート使うと、SDカードで写真を読み込んだり、USBでデータを取り込むことができなくなるのです。

 

こちらの商品に関してはいろんな種類がありますので、自身が使いたいポートがあるかよく調べて購入しましょう。

 

  

 

www.apple.com

 

 公式のものもありますが、割高です。

 

 

必要であればディスプレイと接続するためのケーブルも用意しておきましょう。

ディスプレイを購入すれば付属品として付いてくる場合もあります。  

  

 準備OK!接続方法

 接続はいたって簡単です。電源ケーブルをつないだ状態で、ディスプレイと接続

あとはmacbookをパタンと閉じれば完了ディスプレイにそのまま画面が表示されます。

 

 

f:id:nii-tsuyo:20180404221733j:plain

スッキリ見せるためにスタンドを使用していますが、閉じるだけで大丈夫です。

スタンドに関しては、「mac クラムシェル スタンド」などで探せば出てくると思います。 

 

 

操作の感覚はというと、画面のラグなんかもありませんし、性能はお持ちのmacbookそのまま。本当にデスクトップパソコンのような感覚で使用できます。

ちなみに音声再生はmacbook本体スピーカーからの再生になります。

 

f:id:nii-tsuyo:20180404222905j:plain

 

ハブの接続はこのようにしています。

USB-Cはmac側の電源、コンセント側の電源に接続。

HDMIはディスプレイに。USB-Aにはバックアップ用の外付HDD。写真を取り込む時にはSDカードスロットを使用します。

やや不恰好ですが、機能としては問題ありません。

 

 

 

 

Macbookをお持ちの方はおためしあれ 

 

 

このクラムシェルモード、本当に難しい設定なんかは必要ありません。

ディスプレイの選び方によってはimacよりも大画面になったり、やりたい作業に合わせた環境にすることもできます。

しかし個人的に使用しての注意点としては、macbook自体Retinaディスプレイなので、4Kディスプレイでないと画質に差が出てくるということです。特に写真編集なんかは、iphoneやmacbookの画面の方が綺麗に細部まで表示されているのに気づきます。

映画を見るかたなども映像に差が出ると思うので、ディスプレイは4K対応の物を選ぶのが良いでしょう。

 

全てを揃えたとしても総額5万円前後なので、iMacを購入するより安くMacを使ったデスクトップ環境を作ることができます。

 

 ぜひお試しください!

 

 

  

 

Copyright © 2018 nii-BLOG All Rights Reserved.