NIIブログ

iPhone、Mac、音楽、映画、PC関連、ファッションなど、ライフハックな役に立つ知識とニッチな情報についてあれこれ書いていくブログ。

【初心者向け】スターウォーズを見ていない人の見る順解説!

f:id:nii-tsuyo:20191128175730j:plain


2019年12月20日にスターウォーズの最新作にして完結となるエピソード9が公開されます!

 

ここ数年、一年に1本ペースで新作の映画が公開されていましたが、

今回でついに物語は完結となります。

 

ということで今までスターウォーズをちゃんと見たことがない!

というか一度も見たことがない!

 

そんな人のための過去作品の見方を解説します!

 

 

 

スターウォーズとは?

「スターウォーズ」はジョージルーカス監督により1977年に初めて公開されたSF(スペースオペラ)映画で、当時爆発的な人気となりました。

その後

 

「スターウォーズ帝国の逆襲」1980年

「スターウォーズジェダイの帰還」1983年

 

2つの続編が公開されました。

どれも当時の映画史に衝撃と革命を与えた作品です。

これがエピソード4、5、6(旧三部作)と呼ばれるシリーズです。

 

f:id:nii-tsuyo:20191203111208j:plain

 

 

それから時が経ち、CG技術が発達するにつれて今までは不可能だった新たな表現が可能になりました。

それにより生まれたのがエピソード1、2、3(新三部作)です。

 

「スターウォーズファントム・メナス」1999年

「スターウォーズクローンの攻撃」2002年

「スターウォーズシスの復讐」2005年

f:id:nii-tsuyo:20191203112341j:plain

 

そして2015年から新たに始まったエピソード4、5、6以降の物語が

エピソード7、8、9(続三部作)となります。

 

「スターウォーズフォースの覚醒」2015年

「スターウォーズ最後のジェダイ」2017年

「スターウォーズスカイウォーカーの夜明け」2019年

 

もともとジョージルーカス監督の構想では全9部作で考えられていたそうなので、

これでスターウォーズシリーズも一旦完結されるということになります。

 

映画だけではなく、アニメやCGアニメ、小説、エピソード1〜6の間にあった外伝的な映画など様々なものが存在しています。

 

 

公開順と時系列順とは?

 

f:id:nii-tsuyo:20191203105416j:plain(C)Star Wars c & TM 2015 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 

先ほどの解説でわかるようにエピソード1〜6は数字と公開順が少し異なっています。

公開順に見るなら

4、5、6、1、2、3、7、8、9

時系列順に見るなら

1、2、3、4、5、6、7、8、9

となります。

 

初めて見る方には公開順をオススメします。

しかしエピソード4、5、6は映像がかなり古いので、CG全盛のこの時代にはじっくり見るのはかなり苦痛になると思われます笑

なので時間のない方はストーリーの流れとキャラクターの関係性を把握するぐらいでいいかの精神でながら見で大丈夫です笑

 

じゃあなぜ公開順がオススメなのかというと、スターウォーズの世界観が一番わかりやすいのがエピソード4だからです。

 

旧三部作:ルークスカイウォーカーの物語

 

f:id:nii-tsuyo:20191203111208j:plain

 

エピソード4、5、6はルーク・スカイウォーカーが主人公の物語です。

田舎で生活していた少年がひょんなことから宇宙規模の戦いにかかわることになり、しかも実はジェダイの騎士としての素質を持っていることも判明。様々な仲間とともに宇宙を支配しようとしている帝国軍と戦うことになり、でもその悪い奴は実は自分の父親だった!

 

今ではベタベタですが冒険活劇してはとてもわかりやすいストーリーでなんとなく見てても楽しめる内容です。

 

味方、敵、モブキャラ、戦闘機など、それぞれとても個性がありどれも熱烈なファンがいるのでお気に入りのキャラを見つけるのも楽しみの一つです。

 

 

新三部作:アナキンスカイウォーカーの物語

f:id:nii-tsuyo:20191203112341j:plain



エピソード1、2、3はアナキン・スカイウォーカーが主人公の物語です。

アナキン=ダースベイダー。つまりダースベイダー誕生の物語といえますね。

ジェダイの才能を見出されたアナキンが最終的には暗黒面に落ちてしまい帝国軍のダースベイダーとして宇宙を支配する、、、

そこからエピソード4につながっていく形になります。

映像としてはCGを駆使した迫力のあるもので退屈せずに見ることができます。

ライトセイバー戦はこの新三部作が最高峰です!

 

しかしストーリー的には会議や政治的な話が多くなり少し難しく感じるかもしれません。

また最終的には悪の道に落ちるエンドなので、ハッピーエンドとは言い難い終わり方です。

 

 

エピソード4、5、6、7で見るのもあり!

f:id:nii-tsuyo:20191203142231j:plain

 

映画6本も見ていられない!めんどくさい!という方は

エピソード1、2、3を見ないという手もありです。

 

映画としてはいきなりエピソード7から見ても十分楽しめます。

 

しかし、過去作(主にエピソード4、5、6)を見ていないと??となるシーンも多く、逆に詳しい人ほどおお!と思う小ネタや過去作のオマージュが大量にあるので

どうせなら4、5、6は見ておいたほうがいいでしょう。

 

オススメ見る順

 

まずは

エピソード4、5、6を見ましょう

f:id:nii-tsuyo:20191203111208j:plain

流し見でもかまいませんのでおおまかなスターウォーズの世界観を知ることができます。

この三部作でハマることができた人

エピソード1、2、3を見ましょう。

 

ジェダイの歴史、ダースベイダー誕生の秘密、ルークとレイア姫の関係

実はすごいヨーダ、うざいジャージャー、迫力のポッドレース映像

楽しみ方は様々ですが1〜6を見ておけば続三部作をさらに楽しめるでしょう。

 

そしてエピソード7、8を見ましょう。

 

新たなキャラクター、組織、敵が出てきますが1〜6を見ているあなたにはなんとなく流れを理解できるでしょう。

そして特に過去作へのオマージュ満載なエピソード7は何度も繰り返し見たくなるはずです。

 

ここまで見終わったら今度は

1、2、3、ローグワン、4、5、6の順で見ましょう。

 

そう、時系列順です。1順すでに見ているあなたならまた違った楽しみ方ができると思います。

f:id:nii-tsuyo:20191203153940j:plain

そして外伝的な位置付けの「ローグワン・スターウォーズストーリー」2016年

はこのタイミングでエピソード4の前に見ましょう。

この作品はエピソード4の冒頭10分前までのストーリーを描いたもので、とにかくラスト1時間の面白さは全エピソードで一二を争いますのでお見逃しなく。

 

 

まとめ 旧三部作を見よう

今年ついに続三部作も完結します。このラストを最大限楽しむためにも予習は必須です。まだスターウォーズを見たことない方も今なら間に合うのでぜひ参考にしてみてください!

 

 

Copyright © 2018 nii-BLOG All Rights Reserved.